滋賀の納骨堂おすすめ5選!費用の相場や基礎知識を徹底解説

8 min 8 views
kanai

kanai

先祖代々の墓を受け継いだものの、「継承者がいない」「子孫に墓守の負担をかけたくない」などといった理由から納骨堂に改葬する人が増えているようです。

しかし契約後に「思っていたものと違う」「予想以上に費用がかかる」など思わぬトラブルに発展する事案も増えています。

ここでは納骨堂の費用相場や基礎知識を分かりやすく解説するとともに、滋賀にあるおすすめの納骨堂を紹介していきます。

納骨堂を検討する際の参考にしてください。

 納骨堂とは?

納骨堂とは

 納骨堂とは、1人、もしくは夫婦、あるいは家族など限られた人数の遺骨を納骨するスペースのことをいいます。

ひとつの部屋や建物のなかにたくさんの納骨スペースが設けてあり、そのなかのひとつを契約する…というスタイルが多く、永代供養付きの納骨堂であれば継承者がいなくても契約が可能です。

近年では少子化や核家族化、ライフスタイルの変化から一般墓よりも納骨堂の需要が増加しており、それに伴って納骨堂も多様化が進んでいます。

墓石型・ロッカー型・自動搬送型などさまざまなタイプの納骨堂があり、自分の理想に合う納骨堂が選びやすくなっているのも人気の理由となっています。

一般墓や永代供養との違いは?

 そもそも納骨堂・一般墓・永代供養墓は何がどう違うのか、なんとなくは分かっていても細かい部分まで把握していない人も多いのではないでしょうか?

それぞれの違いを表で比較してみましょう。

 

  納骨堂 一般墓 永代供養
特徴 ・限られた人数の遺骨を納骨する
・ひとつの部屋、もしくは建物のなかにたくさんの納骨スペースがある
・家に例えるならマンション
・先祖代々継承・納骨していくもの
・墓石が独立している
・家に例えるなら一戸建て
・永代に渡り寺院や霊園が管理していく埋葬方法
・納骨堂タイプ、一般墓タイプ、樹木葬、合同墓などさまざまなスタイルがある
メリット ・一般墓よりも料金が安い
・墓掃除や草むしりなどの管理が不要
・屋内にあるため天候に左右されずお墓参りができる
・永代供養付きの納骨堂であれば継承者不要
・ 先祖代々引き継ぐことが可能
・心の拠り所、一族の記念碑とも考えられている
・いつでもお墓参りができる
・寺院や霊園が供養・管理をおこなうため継承者が不要
・タイプによっては格安で納骨できる
デメリット ・一定期間(33回忌や50回忌など)を経たのちは合同墓に改葬される
・先祖代々引き継ぐことができない
・一般墓と比較すると質素に感じる人も多い
・お墓参りの時間が決められるところが多い
・料金が高い
・継承者が必要
・墓掃除や草むしりなどの管理が必要
・お墓参りをおこなうとき天候に左右される
・タイプによっては高額になる
・寺院や霊園が閉院・閉園した場合は他所に改葬されることがある
・一定期間を経たあとは合同墓に改葬される

 それぞれにこのような特徴・メリット・デメリットがあります。

メリットだけに目を向けるのではなく、デメリットもきちんと理解・納得したうえで契約するようにしましょう。

 滋賀でおすすめの納骨堂5選

 ここからは滋賀にあるおすすめの納骨堂をご紹介していきます。

住所・アクセス方法・費用の目安などを記載していますので、納骨堂選びの参考にしてください。

新善光寺

新善光寺

 鎌倉時代創建、国重要文化財・木造阿弥陀如来立像や市指定文化財・本堂御本尊一光三尊善光寺如来など歴史ある建築物があり、観光客も多く訪れる寺院です。

納骨堂はロッカー型と仏壇型の2種類になり、いずれも永代供養付きとなっています。

宗旨・宗派は問いませんが、仏教徒の納骨のみとなるためご注意ください。

所在地 滋賀県栗東市林256
電話番号 固定電話:077-552-0075、携帯:090-2113-4344
最寄り駅 手原駅
アクセス 栗東インターから5分、手原駅から7分
電車・バス 「高野」バス停下車後徒歩3分
送迎ハスの有無
宗旨・宗派 浄土宗
霊園施設 国重要文化財の木造阿弥陀如来立像、市指定文化財・本堂御本尊一光三尊善光寺如来、屋根付き多目的広場など
開園時間 9:00~17:45
定休日
墓地タイプ 寺院
墓地の形態 ロッカー型・仏壇型
費用 ロッカー型30万円~、仏壇型70万円~(管理費1万円/年間)
URL https://www.shinzenkoji.jp/

教禅寺

教禅寺

慶長時代創建、琵琶湖のほとりにあり自然が感じられるのんびりとした環境が魅力の寺院です。

納骨堂は屋外になり、ロッカー型に似た集合型の永代供養付き納骨堂、通称「のうこつぼ」という新しいタイプの納骨堂を取り入れています。

同じ敷地内にペット供養墓があるため、ペットと同じ敷地内で眠りたい人に人気となっています。

所在地 滋賀県彦根市長曽根町1-7
電話番号 0749-23-8432
最寄り駅 彦根駅
アクセス 彦根駅から10分、彦根インターから12分
電車・バス 「カインズモール彦根」バス停から徒歩1分
送迎ハスの有無
宗旨・宗派 不問
霊園施設 本堂・一般墓地・ペット供養など
開園時間
定休日
墓地タイプ 寺院
墓地の形態 のうこつぼ
費用 50万円~
URL https://noukotsu.co.jp/jiin/kyouzenji.html

浄勝寺

浄勝寺

室町時代に創建したと伝えられる趣のある寺院です。

ロッカー型に似た新スタイルの屋外型永代供養付き納骨堂、通称「のうこつぼ」を取り入れており宗旨・宗派問わず申し込むことができます。

彦根駅からタクシーで10分という好立地な場所にあるのもおすすめのポイントとなっています。

所在地 滋賀県野洲市大篠原2054
電話番号 077-587-1658
最寄り駅 篠原駅
アクセス 竜王インターから車で12分
電車・バス 「大篠原」バス停から徒歩4分
送迎ハスの有無
宗旨・宗派 不問
霊園施設 本堂・一般墓地・多目的ホールなど
開園時間
定休日
墓地タイプ 寺院
墓地の形態 のうこつぼ(集合型)
費用 53.5万円~
URL https://noukotsu.co.jp/jiin/jyoushouji.html

浄福寺 

浄福寺 

創建不詳、甲賀市の指定文化財・木造阿弥陀如来立像が建つ寺院です。

納骨堂は屋外にあるロッカー型に似た納骨堂・のうこつぼになり、宗派問わず納骨できます。

最寄り駅・水口城南駅からタクシーで7分、最寄りバス停・浄福寺からだと徒歩1分という好立地な場所にあるのも抑えておきたいポイントです。

所在地 滋賀県甲賀市水口町北脇557
電話番号 0748-62-1932
最寄り駅 水口城南駅
アクセス 水口城南駅から車で7分、甲南インターから16分
電車・バス 「常福寺」バス停から徒歩1分
送迎ハスの有無
宗旨・宗派 不問
霊園施設 本堂・甲賀市の指定文化財・木造阿弥陀如来立像など
開園時間
定休日
墓地タイプ 寺院
墓地の形態 のうこつぼ
費用 50万円~
URL https://noukotsu.co.jp/jiin/jofukuji_5280057.html

関西常楽納骨堂

関西常楽納骨堂

 宗教学会・創価学会が設立した合祀墓タイプの納骨堂です。

通常の納骨堂は一定期間後に改葬されますが、常楽納骨堂は改葬されることなく永久保管されます。

しかし創価学会員、もしくは学会員の家族のみしか納骨できませんのでお気をつけてください。

所在地 滋賀県米原市朝妻筑摩 1946 滋賀研修道場内
電話番号 0749-52-8667
最寄り駅 米原駅
アクセス 米原駅から5分、彦根インターから25分、米原インターから18分
電車・バス 米原駅からタクシー
送迎ハスの有無
宗旨・宗派 創価学会
霊園施設 共有焼香室、研修道場など
開園時間 10:00~16:00
定休日 火曜日(お盆・お彼岸・祝日を除く)、12月28日~1月4日(1月1日~2日は入館可能・納骨不可)
墓地タイプ 寺院
墓地の形態 合祀墓
費用 20万円~
URL https://www.sokanet.jp/memorial_park/pk/17/

納骨堂のタイプと費用の相場

納骨堂のタイプと費用の相場

 納骨堂にもさまざまなタイプがあり、費用も大きく違います。

各タイプの特徴・費用の相場をみていきましょう。

ロッカー型の特徴と費用

 納骨スペースがロッカーのように設置されているタイプです。

子孫は骨壺、もしくは部屋に設置されている共同墓碑に向かってお参りをおこないます。

費用は20万円~80万円と安価な傾向にありますが、構造がシンプルなため質素なイメージをもつ人も多いようです。

仏壇型の特徴と費用

 縦長の構造で上段は仏壇・位牌・ろうそく・線香を配置するスペースがあり、下段は納骨スペースになっているタイプの納骨堂です。

ロッカー型よりも納骨スペースが広いため、家族で納骨することができます。費用相場は30万円~200万円と幅広く、一般墓と変わらないくらい高額になるケースがあるので注意が必要です。

位牌型の特徴と費用

 位牌は寺院内や霊園内の位牌棚に置き、骨壺は別の場所に納骨するタイプの納骨堂です。

子孫がお参りするときは位牌棚の前、もしくは共同墓碑前でおこないます。

費用相場は5万円~15万円と比較的安いのですが、多くの場合あとから遺骨を取り出すことができません。

また、たくさんの位牌を棚に並べるため位牌の形を制限されることがあります。

 墓石型の特徴と費用

 屋内に設置された墓石内に納骨するタイプの納骨堂です。

子孫は一般墓と同じようにお墓参りができます。

費用相場は100万円~200万円になり、一般的な納骨堂と比較するとかなり高額になります。

 合祀・合葬の特徴と費用

 墓石の代わりに共同墓碑や石像などのモニュメントを建て、そこに複数の人の遺骨を一緒に納骨するタイプの納骨堂です。

お墓参りをするときはモニュメントに向かっておこないます。費用相場は10万円~30万円と安価ですが、あとから遺骨を取り出すことはできません。

屋内ではなく屋外に作られることが多いのも特徴です。

 自動搬送型の特徴と費用

 ひとつの空間に複数の骨壺・位牌を納め、それぞれをICチップで管理するタイプの納骨堂です。

ビル型納骨堂・マンション型納骨堂とも呼ばれています。

子孫には納骨の際にICカードが渡され、お墓参りをおこなうときはICカードを用いて操作をおこなうと共有墓碑の前に骨壺・位牌が自動搬送されてくるという仕組みになっています。

注意点としては、お盆・年末年始・彼岸時は共有墓碑前が混み合うため参るまでに時間がかかること、また停電時は自動搬送システムが稼働しなくなる恐れがあることです。

費用相場は40万円~200万円になっています。

 神棚型の特徴と費用

 神棚のような形式の棚に複数の骨壺を並べて納骨するタイプ型の納骨堂です。

お墓参りをするときは共同墓碑の前、あるいは骨壺の前でおこなうことが多いのですが、寺院や霊園によっては骨壺を出してくれるところもあります。

費用相場は10~20万円です。

納骨堂を選ぶ際のポイントは?

納骨堂を選ぶ際のポイント

 納骨堂を選ぶときには、費用や種類だけで選んではいけません。

どういったことに注意すべきか、選ぶ際のポイントをまとめました。

 現地に足を運ぶ

 納骨堂を選ぶときには必ず現地に足を運び、実際の納骨堂や周囲の環境を確認しておきましょう。

いざ現地を訪れると「思っていたよりも古い」「費用のわりに納骨スペースが狭い」「管理人の対応が悪い」など、公式サイトやパンフレットでは分からなかった部分を知ることができます。

あとから検討しやすいよう、気になるところがあったらメモに残しておくことも忘れないようにしましょう。

 納骨堂迄のアクセス方法の確認

 子どもや子孫がいる人は、納骨堂までのアクセス方法も確認しておく必要があります。

自宅から近い・最寄り駅からのアクセスが良い・車での移動がスムーズ…など、お墓参りにくる人に負担をかけない場所を選ぶようにしましょう。

 親族との話し合い

 先祖から継承した墓を墓じまいして納骨堂に改葬する場合、親族としっかり話し合っておく必要があります。

もしかすると「墓じまいするのはご先祖様に申し訳ない」「自分たちが納骨しようと思っていた」など反対意見や思いもよらなかった話が出てくるかもしれません。

無理に自分の意見を押し通すと、のちにトラブルに繋がる恐れがあります。

なぜ納骨堂に改葬したいのか、自分の意見をきちんと伝え、親族としっかり話し合って了承を得てから契約するようにしましょう。

 納骨堂のメリット・デメリット

納骨堂のメリット・デメリット

 納骨堂には一般墓にはない独自のメリット・デメリットがあります。

意外と知られていないメリットと、知っておかないと後悔するデメリットをご紹介しましょう。

 納骨堂のメリット

まずは、納骨堂にはどんなメリットがあるのか確認してみましょう。

・一般墓よりも料金が安い
・墓掃除や草むしりなどの管理が不要
・屋内にあるため天候に左右されずお墓参りができる
・永代供養付きの納骨堂は寺院・霊園が供養してくれるため無縁仏にならない
・1人用や2~3人用、家族用など納骨する数が選べる
・バリエーションが豊富にあるため、自分好みの種類・タイプが選べる

このように、一般墓よりも負担が少なく、種類が豊富なので選択肢が多いことが納骨堂のメリットとなっています。

 続いてデメリットも確認してみましょう。

納骨堂のデメリット

メリットだけではなく、デメリットも多いのが納骨堂の特徴です。

知っておかないとあとから後悔することもありますので、きちんと理解しておきましょう。

・納骨スペースが限られている
・一定期間(3回忌・33回忌・50回忌など)を経たのちに合同墓に改葬される
・種類によっては高額になる
・種類によっては、あとから遺骨を取り出せない
・お供えもの(ろうそく・食べ物など)が制限される
・宗派が決められていることがある
・建物の老朽化による維持管理

このようなものが挙げられます。

納骨スペースや契約期間などは自分で決められますが、あとのものは寺院・霊園の規約に従う必要がありますので契約前にきちんと確認しておきましょう。

納骨堂の検討から納骨までの流れ

 納骨堂の検討から納骨までの大まかな流れを解説していきます。

<ステップ1:情報収集>納骨堂の公式サイトを確認したり、資料やパンフレットを取り寄せる
<ステップ2:足を運ぶ>気になる寺院・霊園の見学会に参加する
<ステップ3:必要書類を揃える>本人確認書類(免許証・住民票・戸籍謄本など)、印鑑、ローンを組む場合は通帳・届印など
<ステップ4:契約>手付金が必要な場合があるので要注意
<ステップ5:支払>料金を支払う
<ステップ6:納骨> 納骨時は埋葬許可証・納骨堂の使用許可証が必要

寺院・霊園によっては、追加手続きや別途書類が必要な場合もあります。

上記1~6はひとつの目安として参考にしてくださいね。

納骨堂を選ぶ際の注意点

納骨堂を選ぶ際の注意点

 納骨堂には一般墓にはないメリットがたくさんありますが、意外とデメリットが多いという点は前述した通りです。

納骨堂を選ぶときには費用・契約期間・納骨スペースなど契約内容とデメリットをしっかり理解したうえで契約するようにしましょう。

また、子ども・子孫・親族がいる場合は事前に承諾を得ておくのを忘れないようにしてください。

もしものときのために、契約後の解約の仕方・手数料などについてもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

まとめ

 納骨堂にもさまざまなタイプがあり、それぞれに特徴・メリット・デメリットがあります。

それぞれの違いをしっかり把握し、現地を訪れたり、パンフレットを取り寄せたりしながら後悔のない納骨堂選びをおこなってください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です